覚えておきたい遺言書とエンディングノートの違い

遺言書とエンディングノートにある大きな4つの違い

遺言書とエンディングノートにある大きな4つの違いの写真

ある程度の年齢になると自分の死後のことが気になってきますが、どのような葬儀にするのか、遺産相続はどんな風に行えば良いのか考えなくてはいけないことはたくさんあります。
もしもの時に困らないよう、理想的な葬儀が行えるようなど、自身の死後を考えて、終活を行う人が増えています。
その方法としては特に多くの人に選ばれている方法として、エンディングノートや遺言書の作成があげられます。
どちらも文章に記すものですが、同じようなものだと考える人も少なくありません。
最近注目が高まっているエンディングノードですが、これは終焉までにいつ何を行うのか最後はどうあるべきかなどの計画を考えてそれを記しておくノートです。
これに対して遺言書は万が一のことがあった場合に遺産を誰に残すか事業や不動産の管理を誰に託すかなどを書き記した書類となります。
相続をスムーズに行うのにも役立つ書類です。
遺言書とエンディングノートは全く違うものですが、特に大きな違いが4つあるのでそれを理解しておくことが大切です。
まず、法的効力があるのはどちらなのかも知っておく必要がありますし、書き方や形式も違いますので、混同しないようその違いも理解しておきましょう。
それから伝える内容もエンディングノートと遺言書では全く違うものとなりますので、間違った内容を記載してしまうと後で混乱が起こる可能性もあります。
さらに、作成にかかる費用も大きな差がありますので、この違いも確認しておきましょう。

エンディングノートや遺言書を書くと同時に、自分の葬式についてもぜひ計画しておきたいところです。
大田区で葬儀をするならグランドセレモニーという葬儀社を覚えておいてください。
大田区での葬儀のご相談ならこちら

また、足立区での葬儀のご相談もグランドセレモニーへどうぞ。
足立区の葬儀の解説ページはこちら