覚えておきたい遺言書とエンディングノートの違い

法的な効力の違い

法的な効力の違いの写真

葬儀が無事終了したあとは相続が始まりますが、遺産相続では時にはもめごとやトラブルが発生することがあります。
遺産が多い、相続人が多くなるほどもめごとは起こりやすく、場合によっては長くこじれてしまうこともあります。
それを避けるために生前に記しておきたいと考える人は少なくありません。
そして、この場合もやはり遺言書できちんと書いておくべきか、それともエンディングノートに記しておけば良いのかも悩むところです。
遺言書とエンディングノートの大きな違いを知っておきたいですが、まずは法的な効力の違いがあげられます。
作成方法によっても変わってきますが、まずエンディングノートは法的な効力があるものではないことは理解しておきましょう。
これに対して遺言書には法的な効力があり、相続財産の分割方法などを遺言書の内容に従わせることができます。
エンディングノードでも相続手続きについてのお願いを書くことはできますが、法的な効力がありませんので、お願いすることはできても、強制できないものであることは理解しておきましょう。
相続をよりスムーズにトラブルなく行うのであれば、やはり遺言書にきちんと記載しておくことがおすすめです。
とはいえ遺言書の場合も正しい書き方をしないと、せっかく書いても無効になる場合があるので規定された書き方で書くことが大事です。
これに対して、エンディングノートは法的な効力はないものの、自由に書くことができるものとなっています。