覚えておきたい遺言書とエンディングノートの違い

法的な効力の違い

法的な効力の違いの写真

葬儀が無事終了したあとは相続が始まりますが、遺産相続では時にはもめごとやトラブルが発生することがあります。
遺産が多い、相続人が多くなるほどもめごとは起こりやすく、場合によっては長くこじれてしまうこともあります。
それを避けるために生前に記しておきたいと考える人は少なくありません。
そして、この場合もやはり遺言書できちんと書いておくべきか、それともエンディングノートに記しておけば良いのかも悩むところです。
遺言書とエンディングノートの大きな違いを知っておきたいですが、まずは法的な効力の違いがあげられます。
作成方法によっても変わってきますが、まずエンディングノートは法的な効力があるものではないことは理解しておきましょう。
これに対して遺言書には法的な効力があり、相続財産の分割方法などを遺言書の内容に従わせることができます。
エンディングノードでも相続手続きについてのお願いを書くことはできますが、法的な効力がありませんので、お願いすることはできても、強制できないものであることは理解しておきましょう。
相続をよりスムーズにトラブルなく行うのであれば、やはり遺言書にきちんと記載しておくことがおすすめです。
とはいえ遺言書の場合も正しい書き方をしないと、せっかく書いても無効になる場合があるので規定された書き方で書くことが大事です。
これに対して、エンディングノートは法的な効力はないものの、自由に書くことができるものとなっています。

豊島区での葬儀は一般的に家族葬がメインとなります。家族葬といっても、火葬のみを行う火葬式から通夜を省いた一日葬、一般的な葬儀の形式で参列者を身内に限定した家族葬までかたちは色々です。

葬儀社は豊島区にもたくさんありますが、その多くは古くからある葬儀社で価格も様々です。今葬儀を行うなら、低価格帯の葬儀がオススメです。

低価格といっても質の低い葬儀では後悔が残りますので、格安で豪華な葬儀をおこなてくれる葬儀社に依頼すべきです。

当サイトで推奨したいのは、10年以上の実績で7万件以上の相談実績のある葬儀社グランドセレモニー(葬儀社のHPはこちら)です。

東京都内、関東はもちろん、豊島区でも手厚いサポートをしてくれる信頼のできる葬儀社です。

葬儀場の相談や葬儀の内容、費用の事情、スケジュールのことなど、何でも遠慮なく相談できる親切な葬儀社です。