覚えておきたい遺言書とエンディングノートの違い

書き方・形式の違い

書き方・形式の違いの写真

エンディングノートと遺言書の違いとしてはその書き方や形式が違うということもあげられます。
書き方は難しいのではというイメージもありますが、まずエンディングノートのほうは特に決まりがなく自由に書くことができます。
最近はエンディングノートも市販されていますので、それに記すのも良いですし、普通のノートに書き記す人も多くなっています。
この他にはスマートフォンやパソコンで作成することも可能です。
法的な効力はないものの、より自由に書きたい、形式にとらわれたくないという人におすすめの方法です。
そして遺言書の場合は、決まった形式で書かないと無効となってしまいますので注意が必要です。
まず、パソコンなどで作成するのではなく自筆で書く必要があります。
代筆で書いてもらったものも無効となりますし、音声やビデオ映像での遺言も無効となりますので注意しましょう。
遺言の内容、日付、署名はすべて自筆にしないとせっかく用意したものも無効となってしまいますので、注意しましょう。
そして日付も一月吉日など作成した日が特定できないものも無効となりますし日付のスタンプも無効となります。
署名はペンネームでも可能となっていますが、戸籍通りの名前で書いたほうがより安心です。
押印を行う必要もありますが、この場合は認印でも構いません。
できれば実印を用意しておくことがおすすめです。
訂正がある場合も法律に定めた方式で行うこととなります。
曖昧な表現はトラブルの元となりますのでこちらも注意が必要です。

豊島区での葬儀は一般的に家族葬がメインとなります。家族葬といっても、火葬のみを行う火葬式から通夜を省いた一日葬、一般的な葬儀の形式で参列者を身内に限定した家族葬までかたちは色々です。

葬儀社は豊島区にもたくさんありますが、その多くは古くからある葬儀社で価格も様々です。今葬儀を行うなら、低価格帯の葬儀がオススメです。

低価格といっても質の低い葬儀では後悔が残りますので、格安で豪華な葬儀をおこなてくれる葬儀社に依頼すべきです。

当サイトで推奨したいのは、10年以上の実績で7万件以上の相談実績のある葬儀社グランドセレモニー(葬儀社のHPはこちら)です。

東京都内、関東はもちろん、豊島区でも手厚いサポートをしてくれる信頼のできる葬儀社です。

葬儀場の相談や葬儀の内容、費用の事情、スケジュールのことなど、何でも遠慮なく相談できる親切な葬儀社です。